お断り:ここに記載されている内容は、予告なく修正・追記・削除されることがあります。
    なお、文中でライブやらイベントやらの話題が出ることがありますが、
    詳細なレポとかセットリストとかは基本的にありません。
    (あっても「チケットが取れなかった」みたいな話だったり、感想レベルのメモ書き程度のものだったりです。)
    そういうのを期待して来られた方ごめんなさい・・・。 

    過去記事(2005.1~2018.12)は、はちの「常時タイトル検討中(仮)。」 アーカイブスに。

「このタイミングで」の巻。

手首の痛み再発(たぶん手根管症候群か腱鞘炎)。

癖になってるのか、そもそも痛みは出やすいのですが、
ここまで酷くなったのは久しぶり。
とりあえず、以前医者で出してもらった装具をつけて安静にしてたら、
だいぶマシになりましたが・・・。

そんなわけで更新が遅れに遅れておりますorz

連載企画「アニサマアーティスト名鑑」”う”。

Wake Up, Girls!

・カテゴリ:作品ユニット
・出演回数:4
・出演年:2014・2015・2017・2018
・平均歌唱枠:2
・非アニタイ率:0%
・最多歌唱曲:タチアガレ!(2回)
・獲得フラグ:なし

コメント:

2017年の「One In A Billion」は別枠に。

結果的に人気が出て、翌年も出演できたからよかったけど、
もし出演できなかったら、2014年のやらかしをどうフォローするつもりだったんだろう。

Wake Up, May'n!

・カテゴリ:その他
・出演回数:1
・出演年:2017
・平均歌唱枠:1
・非アニタイ率:100%
・最多歌唱曲:-
・獲得フラグ:シークレット ○

コメント:

WUGのコラボとしてカウントするか悩みましたが、別枠にしました。

WUMのパフォーマンスがソフト化されてるのって、現時点ではたぶんこれだけなので、
(WUGのライブDVDに収録されてたりするのかな?)
それだけでもアニサマ出演した意味があった(笑)。

上坂すみれ

・カテゴリ:声優アーティスト
・出演回数:4
・出演年:2013・201720182019
・平均歌唱枠:1.875
・非アニタイ率:100%
・最多歌唱曲:-
・獲得フラグ:トップバッター ○、コラボ ○

コメント:

平均歌唱枠はもう少し多いかと思っていたんですが。

作品ユニットで出演したり、キャラ名義で出演したりと、
出演回数自体はかなり多いんですが、そのわりには扱いがちょっと雑な気はする。

上杉昇

・カテゴリ:一般アーティスト
・出演回数:1
・出演年:2012
・平均歌唱枠:1
・非アニタイ率:0%
・最多歌唱曲:-
・獲得フラグ:シークレット ○、前半トリ ○

コメント:

個人的には、アニサマ史上で一番のシークレットだと思う(当然異論はあるでしょうけど)。
出演自体は織田哲郎ありきでしょうけど、裏話的なものを見るにつけ、
「なんで出てくれたんだろう?」感が強すぎて・・・。

後ろから這いより隊G

・カテゴリ:作品ユニット
・出演回数:2
・出演年:2012・2013
・平均歌唱枠:1.5
・非アニタイ率:0%
・最多歌唱曲:太陽曰く燃えよカオス(2回)
・獲得フラグ:なし

コメント:

”もう生で見ることができないアーティスト”の1組・・・なんですよね。

楽曲自体は今後のアニサマで取り上げられる機会があるかもしれませんが(コラボとか)。

内田彩

・カテゴリ:声優アーティスト
・出演回数:2
・出演年:20152018
・平均歌唱枠:2
・非アニタイ率:33.33%
・最多歌唱曲:-
・獲得フラグ:コラボ ◎

コメント:

μ'sの印象が強いせいもあって、もうちょっと出演回数多いのかと思ってましたが、
ソロでは2回しか出演してないんですよね。

それでも、他のμ'sメンバーと比較すると出演回数多い方ですが。

内田真礼

・カテゴリ:声優アーティスト
・出演回数:5
・出演年:2015・2016・201720182019
・平均歌唱枠:2.7
・非アニタイ率:18.18%
・最多歌唱曲:ギミー!レボリューション(3回+コラボ1回)
・獲得フラグ:コラボ ◎

コメント:

2回目の出演で3曲枠確保したりと、全体的に高待遇な印象。

予想はしてたけど、「ギミー!レボリューション」のセトリスタメン率8割は、やっぱり高い。
1位は当然「SKILL」だろうけど、相当上位になるんじゃないかな。

内田雄馬

・カテゴリ:声優アーティスト
・出演回数:1
・出演年:2019
・平均歌唱枠:1.5
・非アニタイ率:0%
・最多歌唱曲:-
・獲得フラグ:コラボ ○

コメント:

内田真礼とのきょうだいコラボ、よくコラボ予想で挙がる組み合わせですが、
もし実現するなら、確かにアニサマが一番手の候補にはなるのかな。
どちらかの単独ライブでやるよりは柵少ない気がするし。

ウマ娘 プリティーダービー

・カテゴリ:作品ユニット
・出演回数:1
・出演年:2018
・平均歌唱枠:2
・非アニタイ率:0%
・最多歌唱曲:-
・獲得フラグ:トップバッター ○

コメント:

2年経ったけど、あのセトリ演出含めてはやっぱりどうかと思う。

コンテンツそのものには未だに動きがあるので(漫画連載とかショートアニメとか)、
今後再出演する可能性はあると思いますが。
・・・で、ソシャゲはいつリリースになるんですか?(苦笑)

ULTRA-PRISM

・カテゴリ:アニソンアーティスト
・出演回数:1
・出演年:2011
・平均歌唱枠:1
・非アニタイ率:0%
・最多歌唱曲:-
・獲得フラグ:なし

コメント:

今年でメジャーデビュー10周年なんだ。

今考えてみると、あのタイミングではまだアニタイもあったわけだし、
2曲枠でもよかった気はする。

というわけで。

頭文字が”う”のアーティストは10組。

次回は”え”です。

今日のどうでもいい話。

近くのレンタルショップでCDレンタル半額だったので、
岡崎体育のCDをあるだけ(っていっても4枚ですが)借りてきてみました。

次回のアニサマのセトリ予想で役に立てばいいのですが。